やり方さえしっかりすれば筋肉トレーニングだってダイエット法の一つ

ウエイトトレーニングと言ってもボディビルダーのイメージがありますがやり方をしっかりすれば、筋肉は太く大きくはなりません。そのウエイトトレーニングのやり方ですが、軽い負荷で15回から20回動かせる負荷でするのが、一番効果が出ます。その15回から20回動かせる負荷の決め方ですが、疲れていない日に1RM(1回拳上負荷)のテストをします。やり方はいきなり重いものを挙げるのは危険なので、身体を温める意味で軽くエアロバイク(自転車)やトレッドミル(歩行)をして身体を温めます。それから本番の筋力テストに入ります。初めにウォーミングアップで自分が挙げれそうな負荷の60パーセントの負荷で10回拳上します。これで身体を慣らします。2セット目は自分が挙げれそうな負荷の80パーセントの負荷で5回挙げます。これ以上すると頑張りすぎる方などは怪我をして身体に怪我を負ってしまう可能性があるのでここで怪我の予防として拳上するテストは終了します。後はテストをした本人の感覚で挙げれそうな負荷を決めて、それを1RM(1回拳上負荷)とします。

朝食は雑穀米おにぎりとお味噌汁を食べています。

雑穀米ご飯にハマっています。雑穀米おにぎりが美味しい!
実は先日から朝食を雑穀米おにぎりとお味噌汁に変えました。朝から、食べ応えのある雑穀米とあたたかなお味噌汁を食べると、体があったまって元気になりますね。
雑穀米煮変えたわけは、野菜不足だなあと感じることがあったんです。けれど、なかなか手の込んだご飯を作る時間がとれず。
そこで、手軽に栄養をたっぷり摂れる雑穀米を試してみることにしたんですよね。
雑穀米って、栄養がすごいんですよ。食物繊維や鉄分、タンパク質がたっぷりです。下手に野菜をたくさん食べるよりも、雑穀米の方が栄養があったりして。まあ、本来なら満遍なく色々な食品を食べるのが良いんですけどね。
雑穀米を普通のお米と一緒に入れて炊くのですが、水加減が少し難しかったです。私はかためが好きなので、ここはお好みで。
いただいてみると、噛めば噛むほど美味しいですね。あと、何気にかみごたえがあって、満腹感を得やすいかもしれません。ダイエットできるかもしれないですね。
雑穀米おにぎりダイエット、ありかもしれません。

基本食をちゃんと食べてサプリメント・程度な運動も

現代人の健康は、日常の食事と定番になったサプリメントで維持できているなと考えたりします。
体重がふえたらダイエットのサプリメントもあるし、一日仕事で疲れたら疲労回復に効果のあるお酢のサプリメントを飲んだりして。
健康食品というジャンルでは、大麦若葉を粉末にしたという商品もあるけれど、一般的なサイズのソフトカプセルくらいが飲みやすいです。
お水に溶かして飲む粉末は夏時期ならいいけれど、冬はコップ一杯の大麦ジュースを飲もうという気がしないですね。
冬時期の出勤前ならばあたたかいコーヒーや紅茶、ハニードリンクとかホットミルクくらいがいい感じ、牛乳にきな粉を溶かしてホットでもいいし。
この季節に健康で基本といったら血液の循環を上げるということと、衣類や食事、飲み物で体温をあたたかくするのがベストですから。
現代に必須というサプリメントでも食事の充実は必須項目、ちゃんと食べてこそ効くのがサプリメントの性質なので、適度な運動もしながら香酢を飲み元気な毎日です。

つわり対策でベジママ飲んだら効果を実感

葉酸サプリベジママを飲み始めたのは、先輩ママにアドバイスを受けたからでした。お腹の子供の健康のことを考えた時に必要な栄養素ですし、何よりつわり対策になると言われたのです。
私が妊娠に気づいたのは妊娠6週目の時だったのですが、その時点で食べ物の臭いが辛かったり味が濃ゆく感じてしまったりとつわりが始まっていたのです。このままいつまで耐えないといけないのかと思っていたのですが、葉酸サプリベジママを飲み始めてから少し症状が改善されたような気がします。
味が濃ゆく感じるのは変わりないですが、気持ち悪くて吐いたりすることは無くなったのです。食べ物の臭いによる気持ち悪さも治まっていったので、バランス良く食事が摂れるようになりました。つわりはとても辛かったのでとても感謝しています。
葉酸サプリは妊活や妊娠後も摂取した方がいいと聞きます。
先輩ママの中には、産後もずーと飲み続けている方もいるんですね。体調がすごく良いそうです。
女性に葉酸は必須なのかもしれません。みなさん、肌がキレイなのでそれも羨ましいです。やっぱりベジママのおかげ?

無印の木柄ヘアケアブラシで髪がツヤツヤです

先日、無印良品へ行った時に気になっていたクシを買ってきました。
木柄ヘアケアブラシという大き目のクシです。
今までは、100円のクシを使っていたんですが、そろそろこういったちゃんとしたブラシを使い 続きを読む 無印の木柄ヘアケアブラシで髪がツヤツヤです

電車、車→自転車、徒歩に置き換えダイエット

アラサー主婦です。
30代になり、油っぽい外食などするとすぐにお腹回りにお肉がつきやすくなりました。
意識してダイエットしなければすぐに太ってしまう、と感じ、ただ、食べるものを制限したりするのは、食事が一番の趣味の自分にとって大変なストレスになるので、運動しよう、なるだけ日常のなかで意識して動こうと思いました。
私がまず実践したのは、いつも電車や車で行っていたスーパーや病院を、なるだけ自転車や徒歩でいくようにすることです。ついでに交通費の節約にもなります。
意識して体を動かすようになると、自分がこれまで一階上の階にいくだけでも、階段を探す前にエスカレーターやエレベーターをどれほど使っていたかを思い知らされました。
最初は階段をわざわざのぼるのは疲れましたが、そのうち階段はエスカレーターのように人で混まないし、足が動くことに慣れて軽快にさえなりました。
一週間ほど徒歩や自転車、階段を上るようにしたところ、食事制限していないのに1キロ近く痩せました。
動こう、と意識することで、食べるときも無意識に、このカロリーを消費するには明日はこのくらい歩こう…、など、常にダイエットを考えるようになったからかもしれません。
ダイエットと言うより運動しよう、と意識しているので、あまり自分を追い詰めずに済んでいるので、心身にもよいダイエット法におもいます。

ダイエット決意!数種のダイエットもムダに・・でも?

スカートのファスナーが上がらなくなって、あと、お腹周りのぜい肉も気になり、薄着の時お腹がとても目立つので、ダイエットを決意しました。

初めてのダイエットは、バナナダイエットです。
母が成功したので、私もそれに挑戦することにしました。
朝は、バナナと水のみです。
この時は仕事をしていなかったので、その後、1時間弱ウォーキングしました。
昼は、今まで朝食べていた食パンとコーヒーのみです。
晩は、普通通り食べました。
長続きはしませんでした。

それから社会人のバドミントンサークルへも行きました。
2時間くらい体を動かすので、汗はすごくかくし、すごく運動にはなりました。
知り合いも出来ました。
でも、交通費や参加費がかかるので、数か月で行かなくなってしまいました。

あと、サプリ(と言えるのかわからないですが)で唯一試したことがあるのが、
お腹の皮下脂肪を取るという、ナイシトールです。
飲んで特にどうということはなかったのですが、私の場合、飲んだらなぜかものすごい空腹感に襲われて、
ダイエットどころかたくさん食べてしまい、逆効果でした。

どれも結局長続きせず、痩せませんでした。
でも好きな人ができて、恋をしたら一気に痩せたんです・・やっぱりホルモンってすごいです。

これは、私のダイエットの体験談です

現在30歳の男性会社員です。

最近、ジョギングはまっています。
私は最近になり、加齢の影響か、低血圧なってしまい、それで仕事中に倒れてしまったことがありました。血流の流れが悪く、それで意識を失ってしまったのではないかといわれています。何の病気でもなかったのが不幸中の幸いです。医者からも運動不足だとハッキリ言われてしまいちょっと落ち込みました。

それを防止するために、私はジョギングをはじめました。私はジョギングで、大地を力強く踏んでいます。足は第二の心臓と呼ばれており、踏んだ反動で血流が心臓のほうへと送られてくるのがわかります。少し快感です。最近では貧血なども起こすことがなく、安定して仕事できています。すごく嬉しいことです。

この運動を継続をしてジョギングで健康を取り戻そうと考えています。自分自身の健康維持のためにもほんとうに頑張ります。今は友人なども誘ってみようかと考えています。ジョギングはダイエットなどにもつながりますj。最近は肥満体になってきていると感じているので頑張ろうと思っています。

運動不足が倒れることになるとは思ってもいませんでした。こんなことなら若い時から運動を続けていればよかったと思いました。教訓として頑張ろうと今張り切っています。

気持ちはジョギングと食事制限で10kg減を目指します!

ダイエットのモチベーションを保つおすすめの方法

私は3年前と比べて20kgほど痩せた、いわゆるダイエット成功者である30代男性です。
痩せるのにかけた期間は約1年半。その間は様々な誘惑が私を襲いました。
そのような時に私が実践したモチベーションを保つための方法を紹介させてください。

その方法とはズバリ、ダイエット系や筋トレ系のまとめサイトをブックマークすることです。某巨大掲示板のスレをまとめただけのものですが、毎日新鮮な情報が目に触れることになります。ダイエットに成功した人、これからダイエットを仕様としている人、もちろんリバウンドして挫折した人。様々な人の悩みに対して、様々なレスが返されるわけです。そういった「生の声」に触れ続けることで、折れそうになる自分の心がまた立ち上がるような気がしました。筋トレ系のまとめサイトでは、定期的にアップされる引き締まった体の自撮り画像が励みになります。また、ダイエットまとめ系サイトでは、ジョギングのための靴選びや、食事制限の方法などありと
あらゆる情報が日々更新されていくのです。

こうやってどうにかモチベーションを維持し続けた私。
今では運動できなかい日にイライラするくらいです。
モチベーションを保つためのまとめサイト、ぜひ試してみてください!